WILD WINDOWS: INSTITUTO BARDI | CASA DE VIDRO by Veronika Kellndorfer

¥8,800 tax included

有効: 在庫1個

ドイツ人フォトグラファー、ヴェロニカ・ケルンドルファー(Veronika Kellndorfer)の作品集。ブラジルのモダニズムに関する近年の研究をまとめた一冊であり、アーティストブックの形で表現されている。

本書のタイトルは、社会人類学者、民俗学者であるクロード・レヴィ=ストロース(Claude Lévi-Strauss)著『野生の思考(The Savage Mind)』と、作者自身が20年以上にわたり研究し続けている「窓の絵画的意義」に由来している。作者は、ブラジルの歴史において最も重要な建築家の一人であるイタリア人建築家、リナ・ボ・バルディ(Lina Bo Bardi)の建築や、ドイツ系ブラジル人造園家であり環境デザイナー(ランドスケープアーキテクト)のロバート・ブール・マルクス(Roberto Burle Marx)が作った風景を、新たな時代の夜明けを予見していたかのように今とらえられている、過去の楽観主義精神を弔う脆く儚いモニュメントとして見ている。本書において、作者の写真素材は、ページの大部分を費やしている。その写真は、植物、建築、公共空間の類似性を反映した一連のイメージ群である。このイメージは、ボ・バルディやブール・マルクスに触れた自身の展覧会の風景と交わっており、自身のアーカイブから抽出した素材とこの空間が持つ特異性を組み合わせている。

都市は決して人間だけに帰属するものではない。本書は、同居する建築と、植物や資源にアプローチするヴァナキュラーな方法に関する今の論議を考察する一冊である。

softcover
164 pages
230 x 320 mm
color, black and white
2023

published by SPECTOR BOOKS

上部へスクロール